一般的に救急用は中用量ピル

今の時代、結婚を前提をして付き合うことでしか性交渉をしないという感覚ではなくなっています。気軽に男女が付き合うのが普通の時代であって、その中で接触もかなりあるものです。それが愛情表現の一つとして考えられる部分もあるので、多くの人がそれによって気持ちを満たされるようになるものでもあるのです。
しかしながら、性交渉は相手との関係づくりで大切なものではあるのですが、一方で妊娠の可能性が出てくるものなのです。もちろん、それを望むカップルもいるのですが、妊娠をしてしまうと状況としては困ってしまう場合もあるのです。ですから、避妊をすることを検討しなければならないのです。
数ある避妊方法の中でも近年注目されているのが、日本でも浸透しつつあるピルの服用です。これは女性ホルモンが含まれている錠剤を飲むというものですが、事前に妊娠をしないように排卵を抑えるために飲むのが低用量ピルになります。しっかりと飲み続けていれば、高い避妊効果を発揮することができるものです。
また、もう一つのタイプとしては性交渉のあとに避妊に失敗してしまったりして妊娠の可能性が出てきたときに救急用で服用する中用量ピルがあります。この中用量ピルというのはホルモンの量が多めの錠剤であって、体内で受精卵ができてしまっても子宮の中で着床することを防ぐので、妊娠を継続できない状態にするものなのです。
今は低用量のものが主流ですが、一般的に緊急用として事後に服用するのが中用量のものになります。これは72時間以内に服用するという制限があって、早い段階で服用したほうがより高い効果を期待できるというものなのです。ですから、いざというときに困らないように知っておくといいでしょう。