ピル服用で活発、元気になれるってどういうこと?

低用量ピルを飲むことによって毎日活発に元気に過ごすことができます。 ピルと言えば避妊薬というイメージが強いかと思いますがなぜそれだけで活発に過ごせるのかと疑問に思う方も多いでしょう。 まず子供を望まない方が低用量ピルを飲まずコンドームだけで避妊していますと避妊に失敗して子供ができてしまうのではといちいち考えてストレスになってしまいます。毎回生理が来るまで心配するでしょう。 ピルは正しく飲んでいればほぼ100パーセント避妊ができますがコンドームの場合は失敗するこどもあります。 ピルを飲むことで妊娠しないという安心感を得らえると毎日も楽しくなる事でしょう。 またこれを服用することによって生理前の不愉快な症状を解消することができます。例えば気分がイライラしてしまったり胸が張って痛くなるなどの症状も解消されるのです。生理中はあまりアクティブに過ごせない方もこれで元気に過ごせるはずです。毎月一度は来る不愉快な日を楽しく過ごせた方がいいでしょう。 また生理前になるとお肌が荒れることもありますがこれもピルによって解消できるかもしれません。ニキビができると気分が憂鬱になる方にとっては楽しい毎日となります。 また生理不順の方はいつ生理が来るのか予測出来ないので旅行の計画も立てにくい部分もあるかと思いますが、ピルを服用していれば決まった時に生理が来ますので旅行の計画も立てやすくなります。 あと支給関連のガンになる可能性が低くなるというメリットもあるので安心感が得られます。 生理があるうちは嫌な思いをすることもありますがそれらを解消してくれるのです。 ですので避妊の必要のない方でも日々を元気に活発に過ごしたいなら服用してみるのもいいでしょう。

ピルで生理周期を安定させるなら服用時間に気をつける

ピルには女性ホルモンが配合されており、主な目的である避妊の他に生理不順を改善して生理周期を安定化させる働きがあります。 これは配合されている女性ホルモンが対内のホルモン濃度をコントロールすることで、正しい生理周期のリズムを取り戻すというものになります。 ピルは毎日飲み続けなければなりませんが、毎日飲んでいれば朝昼晩ばらばらの時間でも良いのかと言えばそうとも言えません。毎日同じ時間の飲む習慣をつけるようにすることが重要です。 現在、生理周期を改善するために処方されているピルは配合されている女性ホルモンの量が少ない低用量のものになります。 吐き気や嘔吐、むくみ、胸の張りといった副作用を軽減するために配合している女性ホルモンの量を少なくしているのですが、女性ホルモンの配合量が少ないため体内で分解・排出されるスピードがこれまで主流であった中用量のピルよりも早くなってしまっています。 避妊などを目的とする場合には24時間程度の服用忘れならば問題ないと言われていますが、人によっては24時間飲み忘れただけで不正出血が起こってしまったなど、ホルモンの影響は人によって差があります。体内のホルモンバランスを一定に保つためには同じ時間に服用する習慣をつけるようにしましょう。 毎日同じ時間にピルを服用する習慣をつけるために「朝食前に飲むように、毎日使うコーヒーカップの横にピルを置いておく」「朝食後の歯磨きのタイミングで飲むように、歯ブラシに輪ゴムなどで括り付けておく」「21時に飲むようにアラームをかける」など、ピルを服用している人はそれぞれのタイミングに合わせて工夫を行っています。 自分の生活のタイミングに合わせて同じ時間にピルを飲むように習慣づけるようにしましょう。

ピルでPMSを緩和して気分屋卒業

女性にとってつらいのが生理の時のPMSの症状です。 これは生理前に心や体の不調が出ることですが症状の種類は200種類以上にも及びます。 人によってどのような症状が出るのか違いがありますが代表的なのが情緒不安定にあり人に当たってしまったりイライラしたり憂鬱な気分になるなどです。 体に起こる症状と言えばニキビができたり体がむくんだり顔が赤くなったり胸が痛くなるなどの症状があります。 ホルモンのバランスが生理前に崩れることによって起こるのですが生理が終わらない限りは永遠に続く可能性もあります。 女に生まれたので仕方ない、我慢しなければいけないわけではありません。実はピルによってこの症状を改善することができます。 ピルと言えば避妊の薬のイメージが強いかと思いますが実はホルモンのバランスを整えてくれる作用もありますので生理前の不快な症状を改善するのに利用する方もいます。 これで嫌な症状がなくなれな生理のときも楽しく過ごすことができます。アクティブに過ごすことができますしジブのイライラによって他の人に不愉快な思いをさせることもありません。 生理なのでイライラして周囲の人に当たっても仕方ないと免罪符にしてはいけません。あまりにも気分屋ですとそのうち嫌われてしまいます。薬1つで人間関係を良くできるなら使ってみたほうがいいでしょう。 我慢せずにピルを飲むことを検討してください、病気でもないのに薬を飲むことに抵抗のある方もいらっしゃいますがただピルは低用量ものですと成分を少なくしていますのでそれほど副作用は出ません。 血栓症という副作用はまれにしか出ないものですしそもそもそのようなリスクのある方にはピルは処方しませんので安心してください。

■避妊薬ピルのお求めはこちらの通販サイトで
避妊薬は自身の為に
■低用量ピルの一種であるトリキュラーの概要はここから
トリキュラー